倉敷フォトミュラルf開催
商店街展示
商店街展示
pick up!!
PHOTO MARCHE
紡がれる記憶
全国から応募された写真作品を選出し展示を行う倉敷フォトミュラルf。14年目の開催となる本展は「商店街展示」、「個展部門展示」の形式の異なる2部門の展示に加え、戦前の写真による特別展「紡がれる記憶 -戦前の倉紡での暮らしと風景-」を同時開催します。
すべての展示は入場無料です。
また、選出作品の講評会や商店街との連動企画「うちとこの“もんげェ~”もん」など、いろんな方が楽しめる関連企画も盛りだくさんな写真イベントです。
商店街展示と個展部門展示の二つがあります
展示風景
 商店街展示:2017.10.20(FRI)-11.15(wed)
個展部門展示:2017.10.20(FRI)-11.15(wed)
本展について
PHOTO MARCHE どこに飾ろうか?
"MARCHE"とはフランス語で"市場"という意味です。"PHOTO MARCHE"の言葉通り、展示会場の一角でその場で持ち帰ることのできる写真即売会を開催します。この企画では、作品を買ってすぐにお持ち帰りいただける点が特徴となっており個展部門作家の作品より、比較的小型でお求め安い価格(3000円〜) になっております。 個展部門展示ご来場の際は、ぜひこちらのスペースにもお立ち寄りください。
PHOTO MARCHEロゴ
大正から昭和初期にかけて、当時の街並みや倉敷紡績の様子が撮影された写真が記録されたガラス乾板が発見されました。そこからは、倉敷に大原美術館を設立し、倉紡の二代目社長に就任した大原孫三郎が築いた奇跡の時代から、当時の倉紡で働く女工さんの青春の1ページが垣間見えます。

今回見つかったガラス乾板は、撮影サイズも大きいことから、様々な情報を得ることが出来る貴重な映像資料です。大正から昭和初期にかけての町並みや、クラボウの様子を撮影した写真の中から15点をデジタル修復し、倉敷紡績会社工場跡地である倉敷アイビースクエア内アイビー学館において初めて一般公開をいたします。
個展部門展示
ワークショップ
関連企画として、ワークショップを実施しています。写真を撮ったことがある人もない人も、この機会に試して、楽しんで、学びませんか?
関連イベント
Facebook
twitter
  • リンク
  • お問い合わせ
  • アクセス
倉敷フォトミュラルf実行委員会