第8回 くらしき「この器この花」展

倉敷の陶芸家と華道家が抽選でペアを組み、共同で作品を作り上げるユニークな趣向が毎回好評をいただいている展覧会です。
会場ではお茶席や邦楽演奏によるおもてなしもご用意します。
陶芸・華道・茶道・邦楽が織り成す「究極の一期一会」をお楽しみに。


【協力】
 倉敷陶友会
 倉敷・玉島・水島・船穂の陶芸同好会
 倉敷市華道連盟
 倉敷三曲同好会
 表千家流倉敷同好会
 裏千家淡交会倉敷支部
 速水流宗寿会

公演に関する情報をPDF形式でダウンロードできます。

第八回 くらしき「この器この花」展.pdf(211,161バイト)

※PDF形式のファイルをご利用いただくには最新のAdobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

公演概要

公演名
第8回 くらしき「この器この花」展
ジャンル
美術
会場
倉敷市民会館 大会議室・市民ギャラリー「藤」
日程
2018年2月2日(金)〜4日(日)
開演時刻
10:00〜17:00
 (お茶席の受付は16:00まで)
主催者
倉敷市
倉敷市文化振興財団
お問い合わせ先
アルスくらしきチケットセンター
086−434−0010

チケット情報

入場料
300円(お茶券付)
お取扱窓口
アルスくらしきチケットセンター
倉敷市民会館
インディスク(天満屋倉敷店4F)

 ※インターネットでの販売はございません。

※チケットの購入方法については、『チケット情報』をご覧ください。

注意・備考
※ご観覧のみの場合も入場券は必要です。
※倉敷市内に在住・在学の中学生以下のお子様は入場無料となります。